はなほう ヤスコ

2011.12.20 Tuesday

スポンサーサイト

  • Author : スポンサードリンク
  • 0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • - | - | - | - |

    2011.12.20 Tuesday 23:08

    総合プロデューサー・くらっしゅのりお、最後のご挨拶

     201112171151000.jpg


    『はなほう』12/18(日)終演。


    総合プロデューサーくらっしゅのりおから最後のご挨拶
    を申し上げます。



    先ずは、この公演を打つ事に対して許可をして下さった吉田家様
    本当に有り難う御座いました◎


    『はなほう』観劇されたお客様、
    『ヤスコ☆會』参加者及び関係者の皆様
    有り難う御座いました。


    大きなトラブル、大きなケガもなく無事公演が打てたのも
    1人1人の精一杯の力…

    いや!それ以上の泰子への思いのお陰だと思っております。



    そしてこの公演の本当のプロデューサー吉田泰子へ『感謝』



    ※千秋楽でこちらの不手際により『はなほう』パンフレットを
    お渡し出来なかったお客様、

    大変申し訳ございませんでした。心よりお詫び申上げます。
    • - | - | - | - |

    2011.12.20 Tuesday 22:45

    『はなほう』を終えて。

     
    201112171138000.jpg


    『はなほう』全公演無事に終了いたしました。
    ご来場いただきましたお客様に心より感謝申し上げます。
    本当にありがとうございました。



    『はなほう』はサミュエル・ベケットの名作「ゴドーを待ちながら」
    をもとにしています。

    「ゴドーを待ちながら」は「浮浪者ふたりが世間話をしながら救済者
    『ゴドー』を待ち続ける」物語です。

    全公演を終えた今、ひょっとしたら吉田泰子は私たちの「救済者」
    ではないか、という思いにとらわれています。

    ラストシーンのダンスを見た時、新たなスタートラインが
    浮かんでいるのが見えました。

    吉田泰子は私たちから「悲しみ」や「寂しさ」を消して「希望」
    を贈ってくれた、と思いました。



    201112171212001.jpg


    私たちはそれぞれのスタートラインに立ち、新たな歩みをはじめます。
    それぞれの速度で、それぞれの歩み方で。


    次のステージに立った時、『はなほう』のお客様と再びお会いすることが
    できれば幸甚に思います。



    『はなほう』締めくくりは、総合プロデューサー・くらっしゅのりおのメッセージを
    お届けいたします。
    • - | - | - | - |

    2011.12.18 Sunday 11:34

    今日のひとこと・くらっしゅのりお

     




    千秋楽です。





    思いっきり、






    突っ走ります!




    総合プロデューサー・くらっしゅのりお




    写真・久保尚子
    • - | - | - | - |

    2011.12.17 Saturday 05:18

    『はなほう』通信vol.11

     IMG_4621_r.jpg
    写真・久保尚子(2枚とも)

    『はなほう』開幕しました。

    劇場にはたくさんのお客様。高評価をいただきました。

    快調な滑り出しです。


    劇場ロビーに設けられた吉田泰子展示コーナーにも多くのお客様。
    ビデオコーナーには人だかりができました。


    IMG_4663_r.jpg

    『はなほう』本日は昼夜2回公演です。

    この「感動」をさらに多くの方と共有したいです。


    是非!是非!劇場にいらしてください!!!
    • - | - | - | - |

    2011.12.16 Friday 02:42

    『はなほう』について

    IMG_4669_r.jpg
    写真・久保尚子(全部)

    いよいよ本日開幕します『はなほう』。

    どんな公演になるのか少しお話したいと思います。


    今回の公演は吉田泰子の名前をそのままプロデュース名にした
    稀有なものです。「もう一度、吉田泰子と同じ舞台に立ちたい」
    メンバーの思いからハワイ語で「アンコール」を意味する
    『はなほう』というタイトルをつけました。


    サミュエル・ベケットの「ゴドーを待ちながら」をもとに
    吉田泰子を念頭において書き下ろされた作品は、
    瀬辺千尋「その壁と」、佃典彦「隠し砦の三雁姫」、
    はせひろいち「彼女のインタビュー」です。
    不条理劇、時代劇、静かな演劇とタイプも異なる台本です。
    これを演出菱田一雄が大胆に再構成しました。
    激しいダンスシーンを織りまぜて娯楽色豊かな作品にしています。

    IMG_4651_r.jpg




    IMG_4631_r.jpg




    IMG_4622_r.jpg



    吉田泰子をなくして大きな悲しみが私たちを包みました。
    それでも、ゆっくり歩みを進めてこの企画をスタートさせました。


    私たちは舞台から発信します。

    かたちのない目に見えないものです。

    「熱」かもしれない、「風」かもしれない。

    でも、それは確実に客席のお客様や劇場の外に広がってゆくと思っています。

    演劇の力を信じて、
    仲間と過ごした濃密な時間を信じて、

    私たちは舞台に立ちます。


    純粋に大胆に情熱を抱えながら舞台を駆け抜けた吉田泰子のように。


    今のありのままの私たちをお見せします。


    どうぞ、私たちのメッセージを受け取りに劇場にいらしてください。
    • - | - | - | - |

    2011.12.16 Friday 02:38

    稽古場日誌・山口純

    どうも、みなさん初めまして、山口純というモノです。今回役者で参加しております。

    とうとう明日は初日になってしまいました。いよいよ幕が開きます。

     

    今回「はなほう」に協力させてもらってまず始めに思った事は

    「人数多い!」

    でした。泰子さんを慕ってこれだけの人数が一つの物を創ろうとするという今回の企画は、
    やはり泰子さんの人柄というか、
    泰子さんが今まで培って来たモノの証なのだなあ、
    なんて思ったりしました。

     

    僕が泰子さんの訃報を聞いたのは亡くなって暫くしてからでした。

    てんぷくプロさんに客演させて頂いた時たまたま泰子さんも客演で出演されていて、
    たまたま同じ舞台に立つ機会に恵まれたのですが、
    稽古の後に帰る方向が同じだったため何度かあの「沢の鶴」ビルまで送ったりしたぐらいで、
    てんぷくさんの公演が終わった後は色んなところで名前は聞きましたが、
    その後会って話す事も無くお別れになってしまいました。

     

    今回、本当に色んな関わりを持った人たちが集まっています。
    その人それぞれがそれぞれの印象を泰子さんに持っていると思います。(当たりまえですが)

    僕が泰子さんに抱いている印象は「熱い・真っすぐ・笑顔」です。
    何度かあったアトリエ(もしくはアクテノン)から沢の鶴までの短い時間、
    まだまだ役者として甘ちゃんな僕に、それは密度の濃い「芝居に対する想い」を詰め込んでくれました。

     

    「ありがとう」と、言葉で伝えることは出来ませんが、
    どこかできっと見てくれている泰子さんに
    その気持ちを今回の芝居で伝えたいと思っています。

     

    そして、最後のシーンで泰子さんの笑顔が見れればいいなあ、と思っています。

     

     

     

    image.jpeg

    小屋入り初日のあと、有志で近くの「ばかなる」に行って、
    のりおさんや菱田さんやいちじくじゅんさんから昔の泰子さんにまつわる話を聞きました。
    めちゃくちゃ面白いエピソードてんこ盛りでした。さすが吉田泰子!

    写真はそこで食べたイノシシの肉。これもめちゃくちゃおいしかった。(関係ない)

     

    さてさて、次回の指名は無し!

    まだ稽古場日誌書いてない人、早く今すぐ書きな!



    • - | - | - | - |

    2011.12.16 Friday 02:28

    割り込み稽古場日誌・いちじくじゅん

    IMG_4620_r.jpg
    写真・久保尚子(2枚とも)

    全身の筋肉がつりそうです。
    参加している者の中で、もっとも屈強な肉体を持つ役者が言った。


    いいねぇ。それだよねぇ。そこからがいいんだよねぇ。
    と、プロデューサーの1人である私は無慈悲にほくそ笑む。


    役者を追い込んでゆくが、自分も追い詰められる、
    演出の菱田を観て、またまた無慈悲にほくそ笑む。



    良いのだ。肉体の軋む音が観客に伝わる芝居を、私達はずぅーっとやってきた。
    吉田泰子と一緒に作ってきた芝居は、そんな芝居なのだ。


    IMG_4667_r.jpg


    稽古はいよいよ私達が何かを飛び越える間際。



    お客様、私達の身体の軋みが、必ずや深い感動をお届けできる事、お約束します。
    劇場にて、是非、私達の肉体の軋み聞いてやって下さいませ。
    • - | - | - | - |

    2011.12.15 Thursday 22:13

    今日のひとこと・くらっしゅのりお





    写真・久保尚子



    総合プロデューサー

    くらっしゅのりおです。



    『はなほう』。

    明日、初日を迎えます。



    精一杯作りました。



    思いをたくさん込めました。



    明日からは、

    プロデューサーではありません。




    役者です。





    弾けるよ。






    よろしく!!!





    総合プロデューサー・くらっしゅのりお

    • - | - | - | - |

    2011.12.14 Wednesday 17:38

    稽古場日誌・川崎稚子

     

    稽古場日誌も大詰め!

    皆様こんにちわ。川崎稚子です。



    さあさあ、やっと稽古場日誌が回ってきたぞ!と思ったら…

    なんと本日より小屋入りでございます!


    うわあああ!(´Д` )


    時が経つのは早いものです。


    さて今回のお芝居、とんでもなく大掛かりな装置をセッティングします。
    搬入物の多いこと多いこと!
    でもでも!とんでもなく幻想的な空間が広がりますよ!



    川崎稚子02.jpg


    泰子さんがなんの気なしに言っていた、


    「舞台が広いと落ち着かないけど、狭いと苦しいわ〜
    でも本番になるとカンケーないけどね」


    という呟きを、ふと思い出しました。


    千種文化小劇場は広いですが、大掛かりなセット&役者が

    縦横無尽に動き回るので、かなり見ごたえがありますよ。


    川崎稚子01.jpg


    そんな舞台の幕が開くまであと3日!

    うおぉぉぉぉ!駆け抜けるたる!



    駆け抜けながら、次の稽古場日誌は、

    いろんな意味で守護神・山口純です。




    *川崎稚子さんの「稽古場日誌」は昨日掲載しましたが
    全文掲載ではありませんでした。訂正して再掲載いたします。

    1日遅れの掲載で日誌の日にちがズレております。ご了承ください。
    • - | - | - | - |

    2011.12.13 Tuesday 15:25

    今日のひとこと・くらっしゅのりお

     



    公演期間中、会場ロビーにて、


    吉田泰子出演舞台の写真・ビデオ


    などの企画展示がございます。


    是非、ご覧ください!



    総合プロデューサー・くらっしゅのりお





    写真・久保尚子
    • - | - | - | - |

    <<new | 1 / 10pages | old>>
     
    PR
    CALENDAR
    NEW ENTRY
    ARCHIVES
    CATEGORY
    PROFILE
    MOBILE
    LINK
    SEARCH
    OTHER

    (C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.